PR

ライフ ライフ

東京で新たに47人の感染確認 18人は集団検査のホスト

人通りの多い歌舞伎町の繁華街=5日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)
人通りの多い歌舞伎町の繁華街=5日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)

 東京都は14日、新たに47人の新型コロナウイルスの感染が報告されたと発表した。このうち18人は、新宿のホストクラブに勤務する20~30代のホストの男性だった。店側の協力を得て、症状が出ていないスタッフも含めて全員を検査した結果、判明したという。18人は、全員がほぼ無症状だった。

 都内で報告された1日の感染者が40人を超えたのは、5月5日以来。都の担当者は「今までにないような幅広い網をかけて検査を実施した結果、数字が跳ね上がったとみており、ただちに感染拡大と結び付けられない。今後の感染者の増減を注視していく必要がある」と述べた。

 47人のうち、ホスト18人を含め、接待を伴う飲食店の従業員や客ら、夜の繁華街に関連する人は10~30代の男女32人に上った。ほとんどが新宿エリアの店とみられる。このほか、院内で集団感染が起きた武蔵野中央病院の患者やスタッフらが5人、家庭内感染が3人などだった。

 6月8日~14日の1週間単位では、感染者の合計161人のうち、夜の繁華街に関連する人は65人を占めた。8~9割が新宿エリアだったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ