PR

ライフ ライフ

隕石衝突でアミノ酸生成 生命誕生に手掛かり 東北大など実証

隕石が海に衝突する様子の想像図(古川善博東北大准教授提供)
隕石が海に衝突する様子の想像図(古川善博東北大准教授提供)

 生命誕生に欠かせない材料である有機物のアミノ酸は、太古の地球に隕石(いんせき)が衝突した際に生成された可能性があることを、東北大などの研究チームが模擬実験で実証した。アミノ酸は隕石や彗星(すいせい)に含まれ宇宙から飛来したなどの説もあるが、地球で生じるメカニズムの一つを明らかにした。

 チームは大気の主成分である窒素や二酸化炭素と水、多くの隕石に含まれる鉄やニッケルなどを金属容器に密閉。これに秒速1キロの猛スピードで金属プレートを衝突させることで、約40億年前の地球の海に隕石が衝突し、そのエネルギーで進行する化学反応を再現した。

 その結果、容器内には極めて単純な構造のアミノ酸であるグリシンとアラニンが微量に生じた。衝突エネルギーで発生した水素が、窒素や二酸化炭素などと反応を繰り返すことによって生成したとみられる。

 当時の地球には、現在の約1000倍の頻度で隕石が衝突していたとされ、多様なアミノ酸が生じていた可能性もある。古川善博東北大准教授(地球宇宙化学)は「地球上でもアミノ酸ができることが分かり、生命誕生につながる材料を供給する仕組みの一端が見えてきた」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ