PR

ライフ ライフ

ドアノブなどで接触感染か 北海道・岩見沢の男性会社員

 北海道は13日、道内で札幌市の7人を含む9人の感染が確認されたと発表した。札幌市以外の2人は岩見沢市に住む60代の男性会社員と石狩地方の80代の無職女性で、いずれも症状は軽い。このうち男性について、道はドアノブなどを介した接触感染の可能性があるとみて調べている。

 道によると、男性は1日に発症。医療機関を受診後、勤務先と同じフロアにある別の会社で感染者が出ていることが分かった。男性はこの感染者と濃厚接触はなかったが、同じトイレやドアノブ、自動販売機などを使っていたという。

 ただ、岩見沢市では5月下旬に美容室でクラスターが発生するなど感染確認が相次いでおり、道は他の経路の可能性も含めて調べている。石狩在住の女性は家族から感染したとみられる。

 札幌市の7人は、日中にカラオケができる「昼カラオケ」の関係者を含む70~80代男女。市によると、いずれも症状は軽く感染経路不明は1人にとどまった。

 道によると、13日午後5時時点の道内の感染者は延べ1163人(実人数1146人)。治療中の患者は122人で、このうち10人が重症。13日までに計91人が亡くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ