PR

ライフ ライフ

JAXAの固体ロケット、海外衛星打ち上げを初受託

 ベトナムの地球観測衛星「ロータスサット・ワン」のイメージ(NEC提供)
 ベトナムの地球観測衛星「ロータスサット・ワン」のイメージ(NEC提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、ベトナムの地球観測衛星「ロータスサット・ワン」を、開発中の小型固体燃料ロケット「イプシロンS」1号機で2023年に打ち上げると発表した。射場は鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所。イプシロンシリーズのロケットで海外の衛星打ち上げを受託するのは初めて。

 イプシロンはJAXAが13年に開発したロケット。イプシロンSはその改良型で、別に開発を進める次期主力ロケット「H3」の固体ロケットブースターを1段目に使う。

 ベトナムの衛星はレーダーで地表を観測し、自然災害の監視などに使う。NECが約200億円で開発や製造を受注している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ