PR

ライフ ライフ

【脳を知る】「物忘れ外来」意外と多い入院中の紹介

 私の「物忘れ外来」を受診される方で、最近多くなってきているのが、入院中の紹介です。もともと認知症のある方が他の病気で入院になって、認知症の症状が悪化して紹介となる場合と、もともと認知症と診断されていない方が認知症を疑う症状があり、紹介となる場合があります。

 後者の場合は、認知症の診断(認知症があるかどうか、認知症ならどのタイプの認知症なのか)から行います。診断と併行して、症状の治療も必要です。抗認知症薬が処方されていない場合は、薬を開始します。また高齢者の場合、健常な方でも入院や手術をきっかけに「せん妄」を生じる可能性があり、認知症の方はさらに生じやすくなります。

 そのため、症状がせん妄によるものかどうか診断し、もしせん妄であれば、せん妄に対する薬をのんでもらうことも考えていきます。また、せん妄には昼夜のリズムを整えたり、環境を整備したりすることも大切です。

 認知症の増加に伴い、認知症の方が他の病気で入院になることも増えていますし、入院をきっかけに、物忘れ外来に紹介される方も多くなってきています。

 家族の中には、認知症があって入院すると、認知症が進んでしまうのではないかと心配される方もあります。どちらにしても、早めに認知症を診てもらって、早めに対応していくことで、認知症の進行を遅らせることができます。医療機関で相談してみてください。(和歌山・橋本市民病院 脳神経外科部長 大饗(おわい)義仁)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ