PR

ライフ ライフ

札幌の60歳以上感染者の5人に1人が「昼カラオケ」

札幌市役所(寺田理恵撮影)
札幌市役所(寺田理恵撮影)

 札幌市は9日、同市内で5月1日以降に判明した60歳以上の感染者の5人に1人が「昼カラオケ」の客や従業員だったと発表した。昼カラで感染したと断定できないものの、50代以下も含めると昼カラに関係のある感染者は15店舗計27人に上り、このうち10人は同じ喫茶店で確認された。

 市はこの喫茶店の10人について「昼カラで感染した可能性が高い」として、市内10件目のクラスター(感染者集団)と認定した。

 札幌市によると、昼カラオケはカラオケボックスのような営業形態ではなく、「喫茶店などで昼食・軽食の提供などと合わせて日中に行われるカラオケ」。

 5月1日~6月8日に公表した市内の感染者は病院などの集団感染事例を除くと193人で、このうち27人の行動歴に「昼カラオケ」がみられた。特に60歳以上の感染者では109人のうち24人と、約22%に昼カラの行動歴があった。

 27人のうち10人は同じ喫茶店の従業員3人と利用客7人で、5月20日から6月3日の期間に店を利用。同4日、この店の経営者から保健所へ利用客が陽性と判明したと連絡があり、保健所が調査していた。

 5月以前の感染者では昼カラ利用者が3人にとどまっており、市保健所は「自粛期間が長引き、娯楽を求めた可能性がある」との見方を示している。

 市によると、27人の内訳は従業員5人と利用客22人で、男女別では男性13人と女性14人だった。

 15店は市中心部の繁華街すすきの地区ではなく郊外にあり、うち1店は市外。いずれも近隣住民が利用していたという。

 市は「カラオケ自体は健康やストレス解消によい」として自粛を求めず、歌唱・会話時のマスクなどの着用▽換気▽マイクの共用を避ける▽マイク、リモコンなどの小まめな消毒-などの感染予防策をとるよう注意喚起。店側には、感染者が出た場合に接触者を特定できるよう、利用客の連絡先の確認を求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ