PR

ライフ ライフ

アルコール消毒液の代替で注目も効果は? 「次亜塩素酸水」めぐる混乱

 ただ、公表された文書の内容をつぶさに見ると、一部の次亜塩素酸水からは、新型コロナの不活化に有効な数値が出ている。米国では次亜塩素酸水を主成分とした複数の消毒液の有用性を行政機関が確認しており、全く効果がない、ということもなさそうだ。

 NITEは文書公表後、次亜塩素酸水について「検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていない」「(手指・皮膚への利用や空間噴霧の是非について)何らかの見解を示した事実はない」とホームページに記載。今後の調査結果に含みを保たせている。

 このため、活用を継続する自治体も出ている。小中学校の教室で加湿器を使って次亜塩素酸水を空間に噴霧していた埼玉県蓮田市では、文科省の通達を受けて、放課後など児童生徒のいない時間帯に限定して空間噴霧を継続することにしたという。

別の代替品が無難

 では実際、新型コロナに次亜塩素酸水は効くのか。

 順天堂大大学院の堀賢教授(感染制御科学)は「次亜塩素酸水は紫外線に弱く揮発性が高いため有効期間が短く、ボトルなどで保管すれば半日程度で効果がなくなるものもある」と指摘。食品工場などで運用される際にはその場で製造して使用されており、「仮に使うならそうした方法が有効だと思う」と話す。

 堀教授は、NITEが公表した検証作業で、漂白剤などで使われる次亜塩素酸ナトリウムや家庭用洗剤など、新型コロナウイルスへの有効性が確認されている薬剤が挙げられている点に言及。「次亜塩素酸水の有効性についてさらなる検証を待つより、すでに効果が証明されているものを使う方がいいのではないか」と提案した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ