PR

ライフ ライフ

「昼カラオケ」に感染リスクか 新型コロナで札幌市

記者会見を行う札幌市の秋元克広市長=5日(寺田理恵撮影)
記者会見を行う札幌市の秋元克広市長=5日(寺田理恵撮影)

 札幌市は5日、5月に同市で新型コロナウイルスへの感染が確認された60歳以上の高齢者131人のうち約1割が「昼カラオケ」に客や営業側として関わっていたことを明らかにした。

 高齢感染者の行動歴を分析したところ、十数人に昼間のスナックや喫茶店などで高齢者同士で昼食とカラオケを楽しむといった行動がみられた。カラオケボックスのような営業形態ではなく、多くは繁華街以外の場所にあったという。

 秋元克広市長は5日の定例記者会見で、「夜の飲食の注意喚起は行われているが、昼間や酒を提供しない場所でも感染する場合がある」と述べ、歌い手との距離の確保やマイクの共有を避けるなどの感染防止策をとるよう呼びかけた。

 また、市は5日、市内で新たに50~60代の3人の感染が確認されたことも発表。このうち2人に昼カラオケと関係する行動歴があったとしている。

 こうした昼カラオケを通じて感染した可能性のある高齢者もおり、市保健所でそれぞれが利用した時間帯や場所などの詳細の分析を進めている。

 札幌市内では、4月に医療機関や介護施設で相次いでクラスター(感染者集団)が発生。5月に感染が確認された高齢者の中には入院患者や施設入所者も多い。市保健所は「入院や入所中を差し引いた在宅高齢者に絞ると、感染者に占める昼カラオケ関係者の割合はさらに高い」とみて、複数の感染者が利用した店がないかなどを調べている。

 同市では2~3月に感染拡大「第1波」が押し寄せた際、繁華街すすきの地区のライブバーでクラスターが発生。「夜の街」での感染リスクについては、これまでも注意喚起が行われていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ