PR

ライフ ライフ

つくる会、検定不合格の歴史教科書再申請へ 「自虐史観克服の土台石に」

文部科学省
文部科学省

 令和3年度から使用される中学校教科書の検定で不合格となった自由社の歴史教科書について、同教科書を主導する「新しい歴史教科書をつくる会」(高池勝彦会長)が、4年度からの使用を目指して文部科学省に検定の再申請を行う方針を固めたことが4日、分かった。同会は再申請の意義を「つくる会の教科書が文科省の検定済み教科書として存在すること自体が、自虐史観克服の大きな土台石になる」と説明している。

 今年3月に結果が公表された中学校の教科書検定をめぐっては、自由社の教科書に規定の割合を超える405件の検定意見が付き、年度内に再申請ができない「一発不合格」となった。

 つくる会側は、検定意見のうち7割以上が「誤解するおそれがある」「理解しがたい」という恣意(しい)的なもので、納得できる具体的指摘はほぼなかったと説明。「文科省による不正検定だった」と訴え、萩生田光一文科相あてに公開質問状を出すなど反発している。

 教科書検定制度では、一度不合格となった教科書について「発行者の過度な不利益を回避するため」として、検定の再申請を認めている。ただ、再申請で合格したとしても、採択年度が当初の検定で合格した他社の教科書より1年遅れとなる。各地で既に採択された教科書が使われている段階で、自由社の教科書への変更を判断する自治体などが現れるかどうかは不透明だが、つくる会は「日本政府が公認した正規の教科書であり続けることに大きな意義がある」と強調した。

 再申請にあたっては、検定意見が付いた全405カ所の内容を検討し、同会の歴史観に影響したり、文脈が成り立たなくなったりするような修正は行わない方針。今年の再申請は22~30日となっており、同会は詰めの作業を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ