PR

ライフ ライフ

ふるさと納税で「対コロナ支援」 生駒市に寄付殺到

「コロナに立ち向かおうコース」が選択できるふるさと納税サイト
「コロナに立ち向かおうコース」が選択できるふるさと納税サイト
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた教育や福祉、商工観光分野などへの支援を目的に、奈良県生駒市がふるさと納税の使い道として新設した「コロナに立ち向かおうコース」に申し込みが殺到している。約1カ月で800万円超が寄せられ、市行政経営課の担当者は「ここまでの寄付が集まるとは考えていなかった」と驚きを隠さない。

 市はふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」などで、寄付金の使い道をテーマ別に選択できる「ふるさと生駒応援寄付」を実施。今年度は、生駒市誕生50年を祝おう▽子どもたちの読書環境充実-など11のコースを設けた。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言を受け、「寄付したい」という電話が相次ぎ、市は急(きゅう)遽(きょ)、4月28日に12番目となる「コロナに立ち向かおうコース」を新設。当初は「行政が支援を求めるのはどうなのか」という慎重論もあったが、担当者は「窓口を設置することで、より困っている方への支援が充実するのではと考えた」と説明する。

 市によると、例年は、市長におまかせ▽殺処分ゼロを目指す猫等愛護コース-が人気という。返礼品で一番人気の「レインボーラムネ」(イコマ製菓本舗)の受け付けが5月8日に始まった影響もあるとみられるが、コロナ支援の新設コースには今月1日現在、全国から448件、計800万9千円の寄付が集まっている。「コロナに負けるな」「一緒に立ち向かいましょう」といった応援メッセージも合わせて届き、中には返礼品を辞退する人もいるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ