PR

ライフ ライフ

札幌のタクシー運転手感染、発症後も乗務 

札幌市中央区の北海道庁赤れんが庁舎(寺田理恵撮影)
札幌市中央区の北海道庁赤れんが庁舎(寺田理恵撮影)

 北海道は1日、道内で5人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、このうち1人が札幌市中央区のJR苗穂(なえぼ)駅周辺で営業していたタクシー運転手であることを公表した。発症後も乗務を続けており、道は5月14~29日の乗客に「症状や不安のある人は近くの保健所に連絡してほしい」と呼びかけた。

 この運転手は5月30日から営業しておらず、勤務先のタクシー会社に濃厚接触者や体調不良者がいないことから、道は「現在はタクシーを利用しても感染する可能性が低い」との認識を示している。

 道によると、この運転手は70代の男性。5月16日に症状が出た後も、苗穂駅周辺で1日3~4人の客を乗せていた。同30日に医療機関を受診し、6月1日に陽性と判明した。

 このため、道は「不特定多数の乗客への接触があった可能性がある」とみている。道は、定期的に乗っていた客がいれば検査を実施する方針。

 道によると、この運転手は営業中マスクを着用し、乗客の降車後に換気や次亜塩素酸水による消毒を行うなどの対策をとっていた。いまのところ感染経路は不明という。

 道内では6月1日、この運転手のほかに札幌市で4人の感染が確認された。同市によると、4人のうち2人の感染経路が分かっておらず、市の担当者は「引き続き警戒する必要がある」としている。また、札幌市では同日、新型コロナウイルスに感染した市内在住の70代男性が死亡した。

 道によると、1日午後5時時点の道内の感染者は延べ1096人。治療中の患者は197人で、うち11人が重症。1日までに計87人が亡くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ