PR

ライフ ライフ

【書評】『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』

『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』大山エンリコイサム著
『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』大山エンリコイサム著

 ニューヨークを拠点に活動を続けるアーティストの著者が、アメリカなど世界各地で繰り広げられるストリートアートの現場を報告した。

 1980年代のアメリカではジャン=ミシェル・バスキアやキース・へリングといったスターが活躍。現代では神出鬼没な覆面アーティスト、バンクシーが注目を集めている。「ストリートアートにとって壁は、想像力を投影するメディア」と著者。街頭など身近なところに美はあふれている。本書は壁面などを使ったアートを中心に紹介。歴史や文化的背景を踏まえた解説は示唆に富む。(大山エンリコイサム著/講談社選書メチエ・1900円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ