PR

ライフ ライフ

東京の街に活気、宣言解除後初の週末 第2波警戒し「新たな日常」

緊急事態宣言が解除されてから最初の週末を迎え、マスク姿の買い物客や若者らでにぎわう東京・渋谷の「センター街」=30日午後
緊急事態宣言が解除されてから最初の週末を迎え、マスク姿の買い物客や若者らでにぎわう東京・渋谷の「センター街」=30日午後

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で最後に解除された首都圏は30日、最初の週末を迎え、東京都内の繁華街は好天の中、久々に多くの人が行き交い、活気づいた。業種・施設別に休業要請を3段階で緩和する都の「ロードマップ」(行程表)にとらわれず、営業再開に踏み切る商業施設も相次いだ。感染の第2波を警戒しつつ、「新たな日常」がスタートを切った。

■「ずっと待っていた」

 「いつ投げられるかとずっと待っていた。やっぱり気持ちいいね」。東京都渋谷区のボウリング場「笹塚ボウル」。ピンを弾く音が鳴り響くと、調布市の青池金造さん(71)は顔をほころばせた。

 4月4日から臨時休業していたが、都の休業要請が緩和された今月26日から会員限定で営業を再開した。入場時の検温やボールの消毒のほか、1レーンおきに使用を限定するなど感染症対策を徹底している。30日からは一般客の利用も開始。事業責任者の井口直之さんは「普段ならフル稼働だが、まだ常連客らに限られている。遊ぶという空気にはなっていないのかもしれない」とこぼした。

 若者が集うJR渋谷駅近くでは、正午ごろになると徐々に人通りが増え、駅前のスクランブル交差点は混雑状態に。渋谷センター街の衣料品店などでは、入店前の検温や手指の消毒を呼びかける姿がみられた。

 友人とランチに訪れた世田谷区の会社員、中山茜さん(24)は「4月よりだいぶ人が増えてきた。第2波が来てしまうのでは」と不安を募らせた。

 東京・銀座の老舗百貨店「銀座三越」にも、再開を待ちわびた多くの買い物客が訪れた。感染症対策として、特に客と対面で接する機会の多い案内所のスタッフたちがマスクとフェースシールドを着け、さらに目の前にアクリル板も設置する厳重さだった。

 山下卓也店長は「安心・安全を最優先に新たな気持ちでお客さまを迎える」とコメントした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ