PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『批判力 フェイクを見抜く最強の武器』 身につけるべきロジック

 「世の中ちょっとおかしくないか?」と感じている人は多いのではないでしょうか。ネットを見れば「誰でも簡単にお金が稼げる!」「批判をするのはダサイ! 行動しろ!」と叫ぶ人たちの声が聞こえてきます。

 本書は、そういった言説を真っ向から批判し、批判と誹謗(ひぼう)中傷を明確に区別します。「批判とは何か」「なぜ批判が必要か」から始まり、「人々の熱狂」の危険性や「洗脳とメディア」の関係性などを、最近の出来事や歴史を取り上げたり、過去の偉人の言葉を借りたりしながら、“真っ当に生きていくために必要な力”について書いています。

 著者のえらいてんちょうこと矢内東紀さんは、起業家で作家、ユーチューバーでもある、新しい時代の知性です。もともと自身のユーチューブチャンネルでカルト宗教やマルチ商法といった地上波では扱いにくいテーマに切り込んでいくスタイルの動画で人気になりました。また、国政政党やオンラインサロン、インフルエンサーといった勢力にも、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで批判を加えています。

 パッと見は、「気に入らないものに対して文句を言っている風変わりな人」ですが、彼の言動を追うとそうではないことがわかります。その批判の裏には、すべてに通ずるロジックがあり、そのロジックこそが私たちが身につけなくてはならない大切なものではないか? それが、本書の企画のスタートであり、一冊を通して伝えたいことです。ぜひ読んでみてください。(えらいてんちょう(矢内東紀)著/実業之日本社・1500円+税)

 実業之日本社新企画編集部 白戸翔

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ