PR

ライフ ライフ

北海道・岩見沢の美容室感染者計7人 道内19件目のクラスターと認定

新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)

 北海道は29日、新型コロナウイルスの集団感染が発生した岩見沢市内の美容室で、新たに女性客1人の感染が確認されたと発表した。この店では28日までにいずれも女性の従業員3人と客3人の合わせて6人が陽性と判明しており、店の感染者は計7人となった。

 道は29日、「7人が同じ店で感染した可能性が高い」として、道内19件目のクラスター(感染者集団)と認定した。

 道によると、店の従業員は5人で、ほかの2人は陰性と確認された。また、感染が確認された4人の客は14日から17日の間に店を利用していた。

 この店をめぐっては、28日までに客と従業員の同居家族や職場の同僚計5人の感染が判明している。

 道は、感染が広がったとみられる期間に店を利用していた客57人とその関係者19人の計76人を濃厚接触者として特定し、健康観察を行っている。

 道内では、ほかにも病院や介護施設など18件のクラスターが発生。このうち12件がほぼ収束している。

 道によると、29日午後5時時点の道内の感染者は延べ1081人。このうち治療中の患者は212人で、うち11人が重症。29日までに86人が亡くなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ