PR

ライフ ライフ

医療関係者らに感謝を、南海難波発「フライデー・オベーション」

 新型コロナウイルスに最前線で立ち向かう医療・介護従事者へ向けた感謝の拍手を、金曜日の正午に送る「フライデー・オベーション」が29日、大阪市中央区の南海難波駅北側広場で開催された。大阪・ミナミに本社やターミナル駅がある南海電鉄が呼びかけた。

医療関係者に感謝を込めて拍手を送る「なんばフライデーオベーション」=大阪市中央区(前川純一郎撮影)
医療関係者に感謝を込めて拍手を送る「なんばフライデーオベーション」=大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 感染の危険にさらされながら命を支えてくれている人たちに敬意を払い、まずは難波から発信していこうと企画。この日は、「#NAMBA Friday Ovation」と記したボードを掲げた広場に約1・5メートル間隔で並んだ社員約30人が、同社グレーターなんば創造室の和田真治室長(56)の号令で一斉に拍手を送った。

 毎週金曜日正午に謝意を表す取り組みは全国に広がっており、同社では当面6月19日まで、なんばエリアの関係者とともに続けていく予定。和田室長は「新型コロナウイルスの感染拡大を防止するという意識を高めるために、地域のみなさんと一緒に取り組んでいきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ