PR

ライフ ライフ

感染の10代男子は中学生 山梨、県立高男子生徒も

山梨県庁 =甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県庁 =甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 山梨県と甲府市が28日夜に発表した10代男子2人の新型コロナウイルス感染者は甲斐市立中の生徒と甲府市内の県立高の生徒であることが29日、甲斐市教委と県教委への取材で分かった。

 甲斐市教委によると、市立中生徒は臨時休校明けの25日以降は登校していなかった。18日に分散登校のため学校に行ったが、集合場所の体育館に入る前に風邪の症状が確認されたため、教員が下校させたという。この学校は当面休校するという。

 一方、県教委によると、県立高生徒も25日以降は登校しておらず、21日に分散登校で教室に入ったが、生徒たちの座席の間隔は空け、マスクをしていたという。

 甲府市によると、この生徒は23日に頭痛を訴え、24日に37・2度、27日に37・3度の熱があった。28日にPCR検査で陽性が判明した。

 県は28日夜、このほかに40代女性と60代女性の感染が確認されたと発表している。4人とも家族などではなく、別のルートで感染した可能性が高いとみられる。山梨県内の感染者は64人になった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ