PR

ライフ ライフ

上半期のベストセラー1位は人気漫画「鬼滅の刃」の小説版

今年上半期の本のベストセラーランキングの1、2位を獲得した「鬼滅の刃」の小説版
今年上半期の本のベストセラーランキングの1、2位を獲得した「鬼滅の刃」の小説版

 出版取次大手の日販とトーハンは29日付で、今年上半期(令和元年11月24日~2年5月23日)のベストセラーを発表した。日販の集計では、吾峠呼世晴さんによる人気漫画「鬼滅の刃」を矢島綾さんが小説化した「鬼滅の刃 片羽の蝶」、「鬼滅の刃 しあわせの花」(いずれも集英社)が総合1位、2位を独占した。日販によると、2冊を合わせた累計発行部数は176万部を超えた。

 漫画「鬼滅の刃」は大正時代を舞台に、家族を鬼に殺された少年が仲間とともに鬼と戦う物語。コミックスは20巻まで発行。「週刊少年ジャンプ」(集英社)での連載が今月完結し、話題となった。

 トーハンの総合1位は「The WORLD SEIKYO 2020年春号」(聖教新聞社)だった。

 また、日販とトーハンともに総合4位に、ブレイディみかこさんが、英国で暮らす親子の成長を描いたノンフィクション「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が入った。

 「鬼滅の刃」のほか、写真集やゲーム攻略本などエンターテインメント色の強い書籍が好調で、日販では「新型コロナウイルスの影響により在宅時間が増加したためか、“学び”に加えて“楽しさ”を本に求めるという需要が高まった」と分析している。

 日販の総合ランキングは以下の通り。

 (1)鬼滅の刃 片羽の蝶(集英社)(2)鬼滅の刃 しあわせの花(集英社)(3)The WORLD SEIKYO 2020年春号(聖教新聞社)(4)ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(新潮社)(5)田中みな実1st写真集 Sincerely yours…(宝島社)(6)こども六法(弘文堂)(7)鋼鉄の法(幸福の科学出版)(8)はじめてのやせ筋トレ(KADOKAWA)(9)ポケットモンスター ソード・シールド 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略+ガラル図鑑(オーバーラップ)(10)反日種族主義 日韓危機の根源(文芸春秋)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ