PR

ライフ ライフ

神奈川で新たに5人感染 1人死亡

湘南泉病院=横浜市泉区(太田泰撮影)
湘南泉病院=横浜市泉区(太田泰撮影)

 神奈川県で新型コロナウイルスの新たな感染者5人と、これまでに感染が確認されていた患者1人の死亡が確認され、横浜市などが27日に発表した。

 感染者は横浜市3人と、横須賀市2人の計5人。死亡者は大和市の1人で県が発表した。

 横浜市が発表した感染者3人のうち、いずれも80代の女性2人は、湘南泉病院(同市泉区)の入院患者だった。同病院ではクラスター(感染者集団)が発生しており、この2人を含め、これまでに判明した感染者は計15人(職員6人・患者9人)となった。そのうち患者3人が死亡している。

 もう一人の感染者の50代女性は、同市内の病院に勤務する看護師。同病院では新型コロナウイルス感染者と接触するような業務についていない一方、同居家族に症状が現れていることなどから、市は院内感染に否定的な見方を示し、同居家族を検査する方針だという。

 一方、横須賀市が発表した一人は無職の60代女性で感染経路は不明。もう一人は、東京都内の企業に勤める40代男性で、すでに感染が判明している同僚からの感染が疑われている。

 県が発表した死亡者は、大和市の70代女性。感染者の濃厚接触者として検査を行い、3月30日に陽性が判明。闘病していたが、5月26日に、新型コロナウイルス感染症による肺炎で死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ