PR

ライフ ライフ

小学生メディア利用83%増 休校中の1300人調査

端末を使って自宅学習をする小学生
端末を使って自宅学習をする小学生

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、小学校が休校となった子供の過ごし方に関する調査結果を群馬大の教授らが27日、発表した。休校中にパソコンやゲーム機、テレビといったメディアの利用が「増えた」との回答は83・2%に上った。「増えていない」は16・8%だった。

 調査は5月1~7日、全国の小学生の保護者1300人を対象にインターネットで実施。群馬大の伊藤賢一教授らの共同研究で、休校中の4月20~25日の過ごし方について質問した。

 調査によると、子供が家庭で使えるインターネット機器(複数回答)については「スマートフォン」(62・2%)、「タブレット(オンライン学習機器を含む)」(50・3%)、「ゲーム機」(49・5%)の順に多かった。「使える機器はない」は8・6%だった。

 休校になって特に困っていること(複数回答)は「運動不足になる」(75・4%)、「学習が遅れてしまう」(74・7%)、「ストレスや精神面の悪化」(53・0%)などが多かった。「ネット依存、ゲーム依存」は37・4%だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ