PR

ライフ ライフ

ゴルフ場にコウノトリ 宮城、愛らしい姿が話題

宮城県川崎町のゴルフ場で、カートのそばで翼を広げるコウノトリ「きずな」=27日
宮城県川崎町のゴルフ場で、カートのそばで翼を広げるコウノトリ「きずな」=27日

 宮城県川崎町のゴルフ場に、国の特別天然記念物コウノトリが姿を見せ、話題になっている。27日には、クラブハウスの屋根の上に巣をつくろうと木の枝を運び集めたり、プレー客が乗るゴルフカート近くを歩いたりする愛らしい様子が見られた。

 個体の衛星利用測位システム(GPS)から、平成28年に千葉県野田市の「こうのとりの里」で試験放鳥された4歳の雄「きずな」と判明。今年3月に飛来し「杜の公園ゴルフクラブ」周辺にすみついたという。

 ゴルフ場敷地内のため、利用客しか姿を拝むことはできないが、副支配人の桜井雅章さん(52)は「新型コロナウイルスに苦しむこんな時期だからこそ、幸せを運んでほしい」と話した。

 野田市みどりと水のまちづくり課や「兵庫県立コウノトリの郷公園」によると、国内で確認されているコウノトリの野外個体数は173羽。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ