PR

ライフ ライフ

野菜が高騰、新型コロナで「取り合い」に

その他の写真を見る(1/2枚)

 関西のスーパーマーケットなどで販売されるキャベツや白菜などの野菜の価格が乱高下している。4月下旬~5月上旬にかけて例年の3倍近くまで高騰し、一度は値が落ち着いたかと思えば再び値上がりの動きもある。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で自宅で調理する機会が増えたのに加え、キムチなど発酵食品への加工用需要の急増など複数の要因が影響した。今後は学校給食の再開、収穫にあたる労働力不足などが、価格の波乱要因になりそうだ。(牛島要平)

1カ月で価格3倍

 大阪府岸和田市のスーパーマーケット「コープ岸和田店」では5月中旬、キャベツ1玉が258円で売られていた。例年の198円に比べて高い。白菜は4分の1玉が例年の98円に対して約1・6倍の158円だ。

 キャベツを手にした同市内の主婦(55)は「(外出自粛で)買い物はこの店だけにして2日に1回に絞り、なるべく安いものを買おうとしているのに」とため息をついた。

 農畜産業振興機構(東京)の調査によると、大阪市中央卸売市場ではキャベツの卸売価格が4月上旬から上がり始め、4日の1キロ73円から30日には約3倍の221円まで高騰した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ