PR

ライフ ライフ

指定病院の医療従事者が感染 静岡県内75人に

静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)
静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)

 静岡県は24日、同県熱海市の国際医療福祉大熱海病院に勤務する医療従事者の男性=同県三島市在住=が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は75人となり、このうち医療従事者は3人目。

 同病院は感染症指定医療機関で新型コロナ患者を受け入れているが、男性は新型コロナ患者との接触はなかったという。県の担当者は「男性の感染経路は判明していないが、熱海市は神奈川県と接しており、同県からの来院者と接触した可能性はある」としている。

 男性は21日に発熱があり、22日にPCR検査を受け、23日に陽性が判明した。発症前2週間で県外移動や県外在住者との接触はないという。

 これまで県が濃厚接触者と判断してPCR検査を実施した入院患者は全員陰性だった。外来患者と病院職員については25日に結果が判明する。同病院は濃厚接触者以外の感染を否定できないと判断し、職員全員に独自にPCR検査を実施済みで、今のところ全員陰性という。

 県内では今月1日に73人目の感染者が確認されて以降、21日に74人目となる伊東市の女性の感染が判明するまで2週間以上感染者が出ておらず、落ち着いた状況が続いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ