PR

ライフ ライフ

【書評】『ひとの住処(すみか)1964-2020』隈研吾著

 1964年東京五輪で丹下健三の国立代々木競技場に衝撃を受け、建築家を志した少年は、2020年東京五輪のための新国立競技場の設計に携わることに-。2つのオリンピックを補助線にして著者の個人史をたどると同時に、日本社会の変遷、人間と建築の関係を巨視的に捉えたスリリングな一冊だ。

 モダニズム建築に疑問を抱き、サハラ砂漠の集落調査を敢行した学生時代。独立するもバブル崩壊で仕事がなく、地方で経験を積んだ雌伏の時代。紆余(うよ)曲折の半生を振り返りつつ、産業資本主義から金融資本主義への転換と、そのひずみの中で、建築はどうあるべきかを語る。(新潮新書・740円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ