PR

ライフ ライフ

【児童書】『しかしか』山田マチ文、岡本よしろう絵

 抜けそうで抜けない、ぼくの前歯。ぐらぐらで、べろでさわるからいつも変な顔になっちゃう。そこに「おこまりですか?」と現れたのはシカの歯医者さん。その「鹿歯科」には、歯の悩みを抱えた動物たちが次々と訪れ、先生は「しかたない」「なおすしかない」と言いながら治療する。

 伸び続ける歯、毒が出る歯、いろんな形の歯もあり、ぼくも治療を手伝ううちに自分の歯のことが気になってくる。

 生き物たちの歯の多様性を学びながら、歯の大切さが伝わってくる。(小学館・1300円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ