PR

ライフ ライフ

【気になる!】文庫 『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』

 ある事件で弁護士資格を失った美貌の上水流(かみづる)涼子が東大卒の貴山伸彦を助手に探偵事務所を運営、依頼人からの表ざたにできない問題を解決していく痛快作。

 バブル期に築いた財で悠々自適の暮らしながら、金遣いが荒くなった妻に疑念を持つ夫(表題作)、未来が予知できるという男に経営判断を委ねる二代目社長(「確率的にあり得ない」)、かつて涼子を陥れた人物(「心情的にあり得ない」)らをめぐる事件を描く5編を収録。

 鮮やかな仕掛け、涼子と貴山のキャラも魅力的で、早く次が読みたくなる。(柚月裕子著、講談社文庫・700円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ