PR

ライフ ライフ

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】コロナ禍と蒙古襲来に見る「失敗の本質」

鎌倉幕府滅亡の舞台となった東勝寺跡=神奈川県鎌倉市
鎌倉幕府滅亡の舞台となった東勝寺跡=神奈川県鎌倉市

「永仁の徳政令」の結末

 「一味散々」と記憶した1333(元弘3)年の5月22日、鎌倉幕府は滅亡する。干潮を利用して海側から攻め込んだ新田義貞に追い詰められた14代執権北条高時の一族郎党870人余りは、菩提(ぼだい)寺である東勝寺に立てこもり、寺に火を放ったうえで自害して果てた。鎌倉市小町のフェンスで囲まれた東勝寺跡の奥には、自害した一族郎党を弔うためにつくられた「腹切りやぐら」と呼ばれる横穴式の墳墓がある。

 完璧な政治体制など存在しない。危機にひんしたときには英知を結集し、ベターと考えられる選択をして乗り越えてゆく以外に、政治体制を延命させる道はない。それも限界がある。体制そのものがはらむ矛盾や弱点があらわとなっていつかは崩壊する。鎌倉幕府もそうだ。

 1274年、81年の2度にわたる元寇は、土台をむしばまれ滅亡に向かっていた鎌倉幕府の背中を押したにすぎないといえる。もちろん、蒙古軍を迎え撃った8代執権北条時宗と御家人の奮闘は真に称賛すべきことではあるが、蒙古軍撃退後に残ったのは、自腹で戦にはせ参じた御家人たちの窮乏だった。国内の戦いならば、幕府は敗者の土地を奪い、軍功のあった御家人に恩賞を与えることができるが、これが海外の土地ではどうしようもない。

 当時、西日本を中心に貨幣経済が浸透し、金融業者が台頭しつつあった。御家人たちの多くは、土地を担保に金融業者から戦費を調達して蒙古軍を迎え撃ち、「神風」の助けもあって撃退に成功する。しかし幕府には恩賞を与える余裕などなく、戦功があったにもかかわらず、金融業者に負債を返すため領地を手放さざるを得なくなった御家人も多かった。御家人の幕府に対する不満は募ってゆく。こうして土地を介した「御恩と奉公」という幕府と御家人の関係が崩れ始める。畿内周辺では体制に反抗する「悪党」の活動が目立つようになり、不穏な空気が社会全体を覆う。そして1293年5月19日に発生した鎌倉大地震が追い打ちをかける。建長寺をはじめ多数の寺社が倒壊し、死者は2万人超えたという。

 体制瓦解(がかい)の危機感を募らせた9代執権北条貞時は1297(永仁5)年3月6日、貧窮に苦しむ御家人を救済するために永仁の徳政令を発布する。わが国初の徳政令である。条文の全容は不明だが、京都の東寺に伝わる「東寺百合(ひゃくごう)文書」に、(1)越訴(おっそ)の停止(2)御家人所領の売買および質入れの禁止。すでに売却・質流れした所領の無償返還(御家人同士の売買なら売買成立から20年未満の土地は元の領主に無償返還、非御家人との売買は20年以上が経過していても元の領主に無償返還)(3)債権・債務の争いに関する訴訟の不受理-の3カ条が記録されている。(1)の越訴とは再審請求のこと。所領をめぐる煩雑な裁判の長期化を防ごうというものだ。(2)は「御恩と奉公」という鎌倉幕府の土台を堅持しようと借金の帳消しを要求するもの、(3)は犠牲になる金融業者の手足を縛ろうとするものだ。

 強引としか言いようのない永仁の徳政令は失敗に終わる。金融業者の貸し渋りを招いたのだ。御家人にカネを貸しても、帳消しにされる可能性があるからだ。これによって困窮した御家人はさらに追い込まれてゆく。どうにもならなくなった御家人のなかには、「徳政令の適用外とする」との文言を証書に入れて金融業者からカネを借りる者もいた。幕府は結局、発布の翌年に越訴の停止と御家人所領の売買および質入れの禁止を廃止する。

いまこそ習慣の批判的検証を

 寺田寅彦の「猫の穴掘り」という随筆にこんな一節がある。

 《人間の心の病や、社会や国家の病にもこんなのがある。異常を「感じる」ところをいくら療治してもその異常は直らない。それを「感じさせる根原」の所在を突き止めなければ病は直せないのである。しかしこの病原を突きとめて適当な治療を加えることの出来るような教育者や為政者は古来稀(まれ)である》

 鎌倉幕府滅亡の原因は御家人の困窮である。ではその困窮の「病原」は何だったのか。それは習慣である。嫡子だけでなく庶子、女子にも相続させる分割相続という習慣だ。当然、代を重ねるごとに所領は細分化されてゆき、新しい所領を与えられない限り御家人の暮らしは立ちゆかなくなる。それでも「いざ鎌倉」という御家人の義務が軽減されるわけではない。こんな状況のなかで、蒙古軍が襲来したのである。

 御家人を救済しようとした徳政令が失敗したのは、「病原」に手をつけないで、対症療法で済ませようとしたからだ。こうして、本来幕府を支えるはずの御家人が困窮のため「悪党」に加わることもあった。諸国で頻発する「悪党」の蜂起は、ついには内乱状況を生み出し、後醍醐天皇は楠木正成ら畿内近国の「悪党」を組織して鎌倉幕府を崩壊させた。

 モンテーニュは第1巻第23章「習慣のこと及びみだりに現行の法規をかえてはならないこと」にこう記している。

 《習慣の威力の第一の結果は、習慣が我々をしっかりと握ってはなさないことであって、そのためにその把握から自己を取りもどし、自己に立ち帰り、その命令を理知に照らして判断することなどは、もはやほとんどできなくなっている》

 《習慣は我々に物事の真実の姿をかくす》

 大陸からの招かれざる客である新型コロナウイルス、経済危機、群発地震に見舞われている現在の日本と、蒙古軍の襲来した鎌倉時代が、私には重なって見える。まずは、蒙古軍を迎え撃ったように、国民が一丸となってコロナを撃退しなければならない。問題はその後だ。いまの日本が鎌倉幕府のように滅びるはずがない、なんて誰が言えよう。悪辣(あくらつ)な外敵が虎視眈々(たんたん)とわが国を狙っている。困難なことかもしれないが、戦後民主主義やグローバリゼーションのなかでわれわれに根付いた習慣と、それに支配された思考を批判的に検証することが喫緊の課題ではなかろうか。知識人よ、いまこそ出番だ。

 ※モンテーニュの引用は関根秀雄訳『モンテーニュ随想録』(国書刊行会)による。(文化部 桑原聡)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ