PR

ライフ ライフ

【ザ・インタビュー】男たちが語る「伝説の大女優」 朝井まかてさん新刊「輪舞曲」

作家の朝井まかてさん(C)新潮社
作家の朝井まかてさん(C)新潮社
その他の写真を見る(1/2枚)

 「私、四十になったら死ぬの」-。大正時代の演劇界で一瞬の煌(きら)めきを放った“伝説の名女優”、伊澤蘭奢(らんじゃ)(1889~1928年)の生涯を色鮮やかに描いた時代小説だ。夫と幼い子を捨て演劇の道に入り、生前に残した言葉通り数え年40歳で死去した蘭奢。彼女を見つめた4人の男たちの目線を通じて、“悪女”が演じた生涯を時代小説の名手が浮き彫りにした。

 島根・津和野の旧家に嫁いだ繁(後の蘭奢)は、上京時に見た大女優・松井須磨子の舞台に心を奪われる。演劇への憧れが高じ、繁は27歳の時に“妻と母の役”から逃げた。出奔先の東京で新劇女優として生まれ変わり、代表作「マダムX」が大ヒット。女優としての絶頂期を迎える。

 「妻や母の役を自ら放棄した女性が、女優・伊澤蘭奢になっていく。彼女の華やかさも罪深さも、私にとっては魅力的でした」

 時は大正。文章からはこの時代特有の自由な空気と若々しさが伝わる一方で、貧しさや息苦しさも随所から漏れる。そんな時代に、演劇界を駆け足で上った蘭奢。数え年40歳の時、かねての口癖通り世を去った。

 「私も最初は名前しか知りませんでしたが、『私、四十になったら死ぬの』という言葉が強烈でした。それと、大正時代は江戸幕府による女歌舞伎の禁止以降、日本の女性が300年ぶりにプロとして演じることを取り戻した時代。日本の女優の創成期を書いてみたい気持ちがありました」

■ ■ ■

 物語の語り部は蘭奢本人を含め5人。このうち4人は彼女を取り巻く男性だ。彼らのキャラクターがまた濃い。愛人の出版社社主・政治フィクサー、内藤民治。若く、まだ何者でもなかった頃の活動写真弁士、徳川夢声。後に児童文学者となる帝大生の福田清人。そして、息子で後の作家、伊藤佐喜雄。森鴎外や芥川龍之介ら文豪も、物語に華やかな彩りを添える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ