PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】元バレーボール女子日本代表・栗原恵(35)(14)表現者として新たな道へ

 今まではバレーボールをしているときが自分を一番表現することができると思っていましたが、さまざまな経験を通じて、表現にはいろいろな形があることを知りました。今後も新しい自分の可能性を発見し続けていきたいと思っています。

 《新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京五輪は来夏に延期になった。現役選手にとっては難しい日々が続くが、数々の重圧を経験してきた後輩たちへあたたかなエールを送る》

 オリンピックは出場するだけでプレッシャーがかかる舞台です。国を背負うということは、それだけの重みがある。それがさらに東京開催となれば、必要以上のプレッシャーがかかるのは経験から分かります。だから、それ以上のプレッシャーはかけたくありません。ただ、けがをせずに、最後まで思い切り自分の思い描くプレーをしてほしいと思います。(聞き手 川峯千尋)=次回は柔道男子日本代表監督、井上康生さん

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ