PR

ライフ ライフ

経済再起動へ「新しい日常」詳細提示 第2波に備え医療体制増強も

 医療機関の病床は最大4千床を確保するとし、重症者や持病があるなどリスクの高い人を集中的に受け入れる医療機関を指定していく。中等症患者専用の医療機関も整備する。

 これまでの第1波で猛威を振るった院内感染の発生リスクを下げるために今後、具体的な対応策を提示する方針。個人防護具を年間390万セット、医療用マスクを9300万枚、それぞれ確保し医療機関に配布するとし、個人防護具の着脱研修なども実施する。

 小池氏は経営者やIT分野の専門家の意見を聞きながら新たな対応も検討する意向を示し、「戦後最大の危機への対応を次なる改革へとつなげることが重要だ。ポスト・コロナも見据えたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ