PR

ライフ ライフ

大阪・十三市民病院、年内はコロナ専門で運用

 ほかの都市でも、コロナ専門病院の設置を求める声がある。東京都医師会は4月、コロナ専門病院(病棟)の設置を提案した。同医師会の猪口正孝副会長は「民間病院は経営を考えるとなかなか踏み切れない。公立病院がリーダーシップを執るべきだ」と指摘。ただ、地域の合意を得ることや転院調整がハードルとなる場合が多く、「(大阪のように)病院全体をコロナ専門として運営できているのは、かなり珍しいのでは」と話す。

 再び感染拡大が生じることを前提とした医療体制の整備は不可欠だ。秋以降は感染拡大とインフルエンザの流行が重なる懸念もあり、大阪府の吉村洋文知事は「重症者向けの集中治療室(ICU)のセンターをつくるべきだ」と、首都圏と関西圏に1カ所ずつの設立を提案。人工呼吸器を備えたプレハブの臨時センターも有効だとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ