PR

ライフ ライフ

菊畑茂久馬さん死去 戦後の前衛美術を代表

 戦後の前衛美術を代表する美術家の菊畑茂久馬(きくはた・もくま)さんが21日、肺炎で死去した。85歳。告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻、温子(はるこ)さん。

 長崎市に生まれ、福岡の高校を卒業後、制作を開始し独立展に入選。その後、福岡市で旗揚げした前衛美術グループ「九州派」の中心メンバーとして活躍。読売アンデパンダン展などに斬新な作品を出品した。

 しばらく発表が途絶えたが、昭和58年、大作の絵画「天動説」シリーズで話題となった。

 昭和30年代、筑豊の炭鉱画家、山本作兵衛の作品を知り衝撃を受け、作品集を出版。ユネスコの世界記憶遺産(平成23年)への登録に重要な役割を果たした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ