PR

ライフ ライフ

アドベンチャーワールド再開 当面は和歌山県内対象

営業を再開した「アドベンチャーワールド」でジャイアントパンダを見る人たち=21日午前、和歌山県白浜町
営業を再開した「アドベンチャーワールド」でジャイアントパンダを見る人たち=21日午前、和歌山県白浜町

 新型コロナウイルス対応で2月末から一時期を除き休園していた和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」が21日、営業再開した。この間、ワオキツネザルやバンドウイルカの赤ちゃんが誕生。3月に閉園した大阪府岬町の総合遊園地「みさき公園」から移籍したフラミンゴなども加わり、心機一転のスタートだ。

 この日はオープンと同時に100人以上が入園した。地元田辺市から孫3人を連れてきた主婦、吉田恵子さん(66)は「娘が働いているので休みの間、孫の世話をしてきた。ずっと家の中で、外に出たのは久しぶり。これからは、ずっと(施設は)開いていてほしい」と話した。

 感染拡大を警戒し、当面は入園を県内の人に限る。1日の来場者数は5千人とし、料金は半額にした。ジャイアントパンダ6頭は従来通り屋内外で公開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ