PR

ライフ ライフ

【島を歩く 日本を見る】野生のイルカに魅せられて 御蔵島(東京・御蔵島村)

海中で野生のイルカと泳ぐ体験は、新鮮な感動を与えてくれる
海中で野生のイルカと泳ぐ体験は、新鮮な感動を与えてくれる
その他の写真を見る(1/3枚)

 東京に、野生のイルカが暮らす島がある。

 夜、東京湾の竹芝桟橋から東海汽船の大型客船「橘丸」に乗り、太平洋を南方へ約200キロ移動すると、伊豆諸島の御蔵島(みくらじま)に着く。7時間におよぶ長い船旅の末に降り立つ島は、断崖絶壁の岩肌が海からそそりたち、ここは東京かと不思議に思うほど、太古の自然が広がっている。浄化された清涼な空気がおいしい。

 海流の早い黒潮の通る周辺海域では、昔から漁業が難しく、そのため豊富な魚を食べる野生のミナミハンドウイルカが棲(す)みつき、島の人たちと共生がかなってきた。

 江戸時代にはツゲの出荷やツゲ細工の生産が盛んだった。しかし、時代とともに衰退し、やがてドルフィンスイムやドルフィンウォッチングの観光業が始まった。毎年春から秋にかけ、イルカを一目見たいという観光客が多く訪れ、今では宿の予約が取れないほど人気だ。

 私のドルフィンスイム初体験は、夢見心地極まりないものだった。港で漁船に乗り、ぐらんぐらんと揺れる波をすべるように出航した。ものの5分だ。「イルカが来るから、海へ入って!」と船長に言われ、水中マスクを着用する。

 青い世界はどこまでも透明に思えた。ゆらーんと揺れる水面を漂っていると、やがてピーピーという甲高い音が聞こえ、背後から突如イルカが現れ、2頭、3頭、10頭と続いた。水面に顔を出しにきたイルカの目のかわいさ。親子のイルカもいて、くるりと子供が振り返った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ