PR

ライフ ライフ

埼玉県、図書館と公園の利用を一部再開

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

 埼玉県の大野元裕知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて使用を制限していた県内の図書館と公園について、図書の貸し出しや遊具の利用などを再開すると発表した。

 図書館は、県立熊谷図書館(熊谷市)などが19日から特別貸し出し窓口を設置して予約図書の貸し出しを始める。感染防止のため、返却後24時間以内の図書の貸し出しは禁止し、閲覧室への立ち入りも禁じる。県立文書館(さいたま市浦和区)でも19日から事前予約のあった資料の閲覧ができるようになる。

 公園については、大宮公園(さいたま市大宮区)や戸田公園(戸田市)など県営の30施設で、注意事項を明示した上で小型遊具の利用を16日から再開する。屋内施設や大型遊具、駐車場は引き続き閉鎖する。

 政府は博物館や美術館に関しても、適切な感染防止策を前提に再開を容認する姿勢を示しているが、大野知事は時期尚早との認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ