PR

ライフ ライフ

北方領土で初の感染者 国後島、サハリンに搬送へ

北海道羅臼町から望む国後島(奥)=1月
北海道羅臼町から望む国後島(奥)=1月

 北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州は15日、国後島で新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。クリール諸島(千島列島と北方領土)で初の感染確認という。

 感染が確認されたのはナマコやウニを採取する潜水士業務のためにロシア南部ダゲスタン共和国から数日前に国後島に到着した男性。空港到着時の簡易検査では陰性だったが、詳しい検査で15日に陽性が判明した。男性はサハリン南部ドリンスクにヘリコプターで搬送されて治療を受ける。

 男性が誰と接触していたかが完全に解明されるまで、サハリン島と国後島を結ぶ空路と海路は停止となるという。

 ロシア全土に感染が拡大する中で、サハリン州ではこれまでに50人の感染者が見つかり、27人が既に回復し、23人が治療中という。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ