PR

ライフ ライフ

東京都の緩和目安「新規感染1日20人未満」など7指標で最終調整

東京都新宿区の東京都庁の第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)
東京都新宿区の東京都庁の第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)

 東京都が新型コロナウイルスに伴う休業要請の緩和などに向けて策定中のロードマップで、1日当たりの新規感染者数を「20人未満」とするなど7つの指標を設定し、達成状況に応じて段階的に外出自粛や休業の要請を緩和する方向で最終調整に入ったことが15日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、調整中の案では現状の休業要請などの状況を「ステップ0」と位置づけ、指標の達成状況を考慮しながら「ステップ3」まで段階的に要請を緩和する。

 「ステップ1」は博物館や美術館などを対象にする方向で調整。「ステップ2」は「クラスター(感染者集団)」の発生歴がなく、密閉・密集・密接の「3密」になりにくい施設を対象とし、飲食店の場合は営業時間短縮の一部緩和などを想定しているとみられる。

 「ステップ3」はクラスター歴があったり、感染リスクが高いと判断されたりした施設を除き、入場制限など適切な感染防止対策実施を前提に緩和する内容で検討を進めているとみられる。

 都は細部の調整を進めており、15日午後に小池百合子知事が発表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ