PR

ライフ ライフ

感染リスク、家族が感染したら…障害者ら危機直面

 新型コロナウイルスが感染拡大する中、心身に障害がある人たちが危機に直面している。肢体不自由なために予防策が十分に取れなかったり、知的障害からマスクを着けることの意味を理解できなかったりと、障害を持たない人よりも感染リスクにさらされているケースが少なくない。さらに、身の回りの世話をする家族らが感染した場合にどうするのか、といった心配もある。「障害児を持つ家庭は毎日の生活で精いっぱい」と悲痛な声が漏れる。(江森梓)

不安は尽きない

 「もしわが子が感染してしまったらと思うと、不安でしかたがない」。大阪府岸和田市の高田美穂さん(60)はため息をつく。

 次女の育子さん(30)は知的障害があり、心臓疾患もある。免疫力が低いため病気にかかりやすく、日頃から、うがいや手洗いをこまめにさせるなどして気を付けていた。

 そうした中、新型コロナウイルスの感染が拡大。マスクや消毒液、ハンドソープなどが品薄状態になり、高田さんが薬局に探しに出かけようと思っても、育子さんが通う作業所は感染拡大の影響で休業中で、家に一人置いていくわけにもいかない。

手を消毒する高田育子さん=大阪府岸和田市
手を消毒する高田育子さん=大阪府岸和田市
その他の写真を見る(1/2枚)

 高田さんはたまたま知人から譲ってもらえた。だが、それで安心とはならない。育子さんにマスクを着用させても、息苦しいから鼻を隠さない。手をアルコールで消毒させても、しょっちゅういろいろな場所を触っては手をなめるので目が離せない。

 仮に育子さんが感染した場合は、つきっきりで看病しないといけない。それだけでなく、治ってもその後に高田さんが感染したら、誰が育子さんの面倒を見るのか。不安はつきない。

 高田さんは「障害児を持つ家庭は毎日の生活で精いっぱいで、先を見通す力が一般の家庭より弱くなりがち。感染拡大が長引けば長引くほど、困る人は増えると思う」と漏らした。

「保護者も疲弊」

 手話通訳派遣サービスなどを手掛ける企業「ミライロ」(大阪市)が障害者やその保護者を対象に3月上旬に行った「新型コロナの影響実態調査」では、多くの人が感染予防に対し不安を抱いていると回答。「手が不自由なためマスクが外れた際に自力で着用できない」「知的障害のためにウイルスが流行しているという概念が分からず、マスクの着用を拒否される」などの課題が多くあることが浮き彫りになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ