PR

ライフ ライフ

北海道が店名公表のパチンコ6店、営業継続 新たに2店の営業確認

北海道庁
北海道庁

 北海道は11日、新型コロナウイルス特措法第45条2項に基づき10日に店名を公表したパチンコ店6店が営業を継続していることを明らかにした。道は6店に対し、引き続き休業を要請するとしている。

 道内では、休業要請への協力を求める道と営業を続ける店との応酬が繰り返されている。

 道は11日、新たに2店の営業が道民からの通報で判明したことも発表した。この2店に対し、道は同日、特措法に基づき店名公表を伴う休業要請を行うことを事前通知した。

 一方、10日に事前通知をしていた2店については、11日正午時点で休業したことを確認したという。

 特措法では、都道府県知事が休業を求める手続きとして「協力要請」(24条)▽「要請」(45条2項)▽「指示」(同3項)-の3段階があり、要請と指示は施設名を公表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ