PR

ライフ ライフ

「37・5度以上」削除 PCR検査「相談・受診の目安」を見直し 厚労省

その他の写真を見る(1/2枚)

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査や治療に向けた相談・受診の目安を見直し、公表した。発熱やせきなどの軽い風邪の症状が続く場合には、すぐに相談するように変更。従来の「37・5度以上」という体温の基準を削除し、「発熱が4日以上続く場合」との条件も外した。平熱や体調に個人差があることに配慮したという。

息苦しさ、強いだるさ、高熱はすぐに相談を

 新しい目安では、従来の息苦しさ、強いだるさに加え、高熱のある場合にも直ちに相談することを推奨。重症化リスクのある高齢者や持病のある人、妊娠中の人は、軽い風邪の症状があればすぐに相談してもらい、それ以外の人も軽い風邪の症状が続けば該当し、4日以上続く場合には「必ず相談」と強調した。

 新型コロナの症状とされる味覚・嗅覚障害については記載が見送られた。

 相談先については、保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」だけでなく、地域によっては医師会や診療所などでも受け付けているとした。

 これまでの目安は原則、「37・5度以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」のいずれかに該当する場合に相談するよう促していた。ただ、相談しても基準を満たしていないと判断されて検査を受けられないとの批判や、軽症患者の症状が急激に悪化する事例などが相次いで報告されていた。政府の専門家会議も受診の目安に「一部誤解があった」として改定を求めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ