PR

ライフ ライフ

厚労省、レムデシビルを特例承認 コロナ治療薬で初

米製薬企業が開発した「レムデシビル」(ロイター)
米製薬企業が開発した「レムデシビル」(ロイター)

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの治療薬として、エボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」を薬事承認した。7日、有識者らによる審議会で議論が行われ、特例承認された。これまで新型コロナの明確な治療法はなかったが、初めての治療薬の承認となる。

 レムデシビルは米国立衛生研究所が「患者の回復を早めた」との試験結果を公表するなど有効性が期待されてきた。開発元の米ギリアド社が4日、厚労省に薬事承認を申請し、同省は審査までの手続きを簡略化する制度「特例承認」を適用した。

 ただ、日本への供給量ははギリアド社との調整が要る。加藤勝信厚労相は5日のBSフジ番組で「必要な量をもらうべく努力する」と語った。新型コロナの治療薬をめぐっては、国産の新型インフルエンザ治療薬「アビガン」などの候補薬も治験が進んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ