PR

ライフ ライフ

大阪市立総合医療センターにマスク1万枚を寄付

大阪市立総合医療センターにマスクを寄付する大阪ピースライオンズクラブの豊池重信会長(中央)=7日(大阪ピースライオンズクラブ提供)
大阪市立総合医療センターにマスクを寄付する大阪ピースライオンズクラブの豊池重信会長(中央)=7日(大阪ピースライオンズクラブ提供)

 大阪ピースライオンズクラブ(大阪市)は7日、地域の中核病院である大阪市立総合医療センター(都島区)に対してマスク1万枚を寄付した。

 大阪ピースライオンズクラブは献血への協力を市民に呼びかける運動をしてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で市街での呼びかけができなくなったため、医療機関にマスクを寄付することにした。マスクは組織の事業費で購入した。

 豊池重信会長(76)は寄付の理由について「献血への協力ができない中、何かできることはないかと話し合ってきた」と説明し、医療機関でマスクが不足しているとの話を聞いて寄付することを決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ