PR

ライフ ライフ

首相「治療法確立へ加速」 新型コロナ感染症巡り

安倍晋三首相=首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相=首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、インターネット番組にメッセージを寄せた。緊急事態宣言の延長について、「5月は収束のための1カ月であり、出口に向けた準備期間だ。ウイルスを正しく恐れながら日常生活を取り戻していきたい」と感染拡大の収束に向けた決意を改めて示した。

 首相は直近の感染者数が一時期に比べ、落ち着いてきていることを踏まえ、「私たちは収束に向けた道を着実に前進している。(外出自粛などに協力してきた)皆さんの行動は私たちの未来を確実に変えている」と訴えた。首相は4日に宣言の延期を決定したが、「今月半ば、専門家に感染者数の動向や医療提供体制の逼迫(ひっぱく)状況などを分析してもらい、可能であれば期間満了を待つことなく緊急事態を解除する」と理解を求めた。

 また、新型コロナの治療法に関しては、治療薬としての効果が期待されている国産の新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の5月中の薬事承認を進めていく考えを示し、「有効な治療法の確立に向かってこの1カ月で一気に加速していく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ