PR

ライフ ライフ

山梨帰省女性が接触の男性感染 検査当日に会う

山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。女性はこの日、PCR検査を受けていた。

 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。

 これまでの調べでは、女性は26日に味覚や嗅覚の異常を覚えたが、28日まで都内の勤務先に出勤。29日午後3時15分新宿発の京王バスの高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)で下車し、親族の車で帰省した。

 30日にバーベキューをしたが、この日、都内の同僚の感染が判明。5月1日に検査を受け、2日朝に陽性が分かった。女性は「1日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗って帰京した」と説明した。

 ところが、知人から保健所に「1日夜は実家にいた」と情報提供があり、本人や家族に事情を聴いたところ、バスに乗ったのは2日午前10時20分ごろだと虚偽説明を認めた。陽性の結果は同日午前9時過ぎに本人に伝えられており、女性は感染を知りながらバスに乗ったことになる。

 県は女性について「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ