PR

ライフ ライフ

役割増す「エッセンシャルワーカー」 リスクや差別…支援の動きも

 労働相談を受けるNPO法人「POSSE」代表の今野晴貴氏によると、エッセンシャルワーカーから「3密状態で働いている」「熱が出ても出勤しないといけない」といった相談が寄せられているという。今野氏は「非常に感染リスクが高い状況で働いており、労働者の負担が大きい。まずはきちんと防護対策をするべきだ。さらに感染した場合には労災保険に手当てを上乗するなどの補償をすれば、安心して働くことができ、ストレスも軽減される。不要不急の外出を控えるなど運営にも協力していくことが必要」と話した。

 エッセンシャルワーカー エッセンシャルは英語で「必要不可欠な」を意味し、「労働者」のワーカーと組み合わせた言葉。「フロントラインワーカー」とも呼ばれる。市民の生命と財産を守り、社会を支えるために働いている人たちを指し、コロナ禍以降、重要性が再認識されている。米政府は医療やエネルギー、通信、農業、食品などの分野で働く人たちだとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ