PR

ライフ ライフ

役割増す「エッセンシャルワーカー」 リスクや差別…支援の動きも

ビニールのカーテン越しに接客する郵便局員(右)=3日午後、東京都千代田区の東京中央郵便局(佐藤徳昭撮影)
ビニールのカーテン越しに接客する郵便局員(右)=3日午後、東京都千代田区の東京中央郵便局(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ外出自粛の長期化で、人々の暮らしに不可欠な職業に就く人たちの社会的役割が増している。海外では「エッセンシャルワーカー(生活必須職従事者)」と呼ばれるスーパー従業員や清掃員、郵便局員らだ。感染リスクがつきまとう職場で心ない差別的言動やクレームを受けるケースがみられる一方で、支援や感謝を示す動きも広がり始めている。(大渡美咲)

 ■使用済みマスク

 「仕事中でも、お湯とせっけんで徹底的に洗って消毒し、人との距離も空けるようにしている。自分ではいくら気を付けても消毒液を置いていない会社もあるので大変」

 東京都内でオフィスやトイレなどの清掃を行う中国出身の女性(58)はウイルスの感染拡大後、電車通勤から自転車に切り替え、エレベーターにはなるべく乗らないようにしている。マスクは会社から支給され、毎日交換することができるが、派遣される会社によって消毒液の有無など対策にばらつきがある部分に不安も感じている。

 緊急事態宣言以降は、テレワークの広がりでオフィスの人の数は大幅に減り、感染拡大の原因となる密閉、密集、密接の「3密」になることはなくなったが、使用済みのマスクがそのままゴミ箱に捨てられていることが多いことに困っている。女性は自費でごみばさみを購入して使っているといい、「マスクは会社で捨てないで自宅で捨ててほしい」と訴える。

 ■小銭入金で来局

 都内の郵便局で局長を務める40代男性によると、フリーマーケットアプリ「メルカリ」を使った荷物の送付や小銭の入金、はがきの交換などを求め、窓口には多くの人が訪れているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ