PR

ライフ ライフ

GW後半、観光地で人出減少 自粛要請一定効果か

人通りの少ない5月2日の大阪駅周辺=大阪市北区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)
人通りの少ない5月2日の大阪駅周辺=大阪市北区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大型連休後半の5連休初日だった2日の国内の主要な観光地の人出が、前年比で70~90%程度減少したことが、内閣官房が公表した調査結果で明らかになった。2日は全国的に好天に恵まれたが、外出自粛呼びかけによる、一定の効果を示す格好となった。

 携帯電話の位置情報を基に、KDDIが全国の観光地23カ所について調査。2日午後3時台の人出を、10連休だった昨年の大型連休(4月27日~5月6日)中の同時間帯の平均と比較した。

 最も減少したのは三重・伊勢神宮で94・8%減。参拝の時間や場所を制限していることに加え、昨年の大型連休は改元と重なって例年より多くの人が足を運んでいたことも影響したとみられる。

 別荘地として知られる長野・軽井沢が92・7%減で続き、兵庫・淡路島も89・2%減。東京・浅草(73・4%減)▽京都・円山公園(64・3%減)▽神戸・メリケンパーク(80・0%減)と、都市部にある観光スポットでも軒並み減少していた。

 2日は主要駅の人出も減少していた。NTTドコモの調査では、平日だった前日(5月1日)と午後3時台の人出を比較すると、梅田駅(大阪)で38・1%減、三ノ宮駅(神戸)で31・8%減。新宿駅(東京)は27・5%減、横浜駅は17・7%減などとなった。

 公共交通機関の利用は3日も少なく、関西から各方面への新幹線や特急では、自由席乗車率が10%未満となる電車が多くあった。JR西日本によると、午前8時台に大阪駅を出発した特急サンダーバード(金沢行き)と特急こうのとり(城崎温泉行き)では自由席乗車率が1%だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ