PR

ライフ ライフ

買い物の回数減らすには 冷蔵庫を整理 小分けで冷凍

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、今年の大型連休は「ステイホーム」が広く呼びかけられている。東京都ではスーパーマーケットなどでの混雑緩和のため、小池百合子都知事が食料品などの日々の買い物を「3日に1回程度」に抑制するよう求めているが、いきなり買い物の回数を減らすのは難しいかもしれない。そこで、家事代行大手「ベアーズ」副社長で家事研究家の高橋ゆきさんに、買い物や作り置きのコツについて尋ねた。(小林佳恵)

冷蔵庫を整理

 まずは、買い物に行く前の準備を見直したい。

 高橋さんによると、大切なのは冷蔵庫のなかを整理することだ。在庫を確認するとともに、買ってきたものを収納するスペースをあらかじめあけておくとよいという。

 次に、大まかな献立を考える。3日間で必要なのは計9食となる。そのうち、何食を作り、何食を総菜パンなど、調理の手間をかけずにできるものにするのかを家族で話し合ってほしいという。

 自粛での暮らしは、どこか暗くなり、外に出る機会も減ることから、季節感も乏しくなりがち。そこで、献立には旬の野菜を何種類か、取り入れてほしいという。

 高橋さんは「この時期だったら、新ジャガイモや春キャベツがおいしいです。キャベツならロールキャベツ、キャベツサラダ、みそ汁、浅漬け…。1つの食材でできる、あの手この手のレシピを考えてみてください」と教えてくれた。

小分けで冷凍

 考えておいた献立に沿って、買い物から帰ってきたら、「できるものは冷凍しておくと便利です」と高橋さん。ラップで包んで1食分ずつ小分けにした上で、ジッパー付きの保存袋に入れると使い勝手がよい。ステンレス製やホーロー引きのバットに載せて冷凍庫に入れ、固まったら立てて保存する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ