PR

ライフ ライフ

神奈川で15人感染 横浜・聖マリで入院患者3人死亡 新型コロナ

神奈川県庁本庁舎
神奈川県庁本庁舎

 神奈川県で、新たに計15人の新型コロナウイルス感染者が確認されたほか、これまでに感染が確認されていた患者3人が死亡し、1日に各自治体が発表した。感染者の内訳は、横浜市7人▽川崎市3人▽茅ケ崎市1人▽その他県域4人-の計15人。

 横浜市が発表した死亡者の3人は、いずれもこれまでに感染者が確認されている「聖マリアンナ医科大学 横浜西部病院」(同市旭区)の入院患者で、同病院の入院中に感染が判明していた80代男性2人と70代女性だった。

 また、同市が発表した感染者の7人中3人は同病院に勤務する看護師で、20代女性2人と40代女性1人。院内でクラスター(感染者集団)が広がっており、同病院での感染者は、今回の3人を合わせ、職員14人と入院患者20人の計34人となった。

 ほかにも、感染が判明した60代女性と40代男性はいずれも看護師で、それぞれ別の医療機関に勤務している。同日に同市が発表した7人のうち5人が看護師だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ