PR

ライフ ライフ

千葉県、中小支援の補正予算案可決 営業パチンコ店5店に減少  

県議会4月臨時会で答弁に立つ森田健作知事=30日、県庁(永田岳彦撮影)
県議会4月臨時会で答弁に立つ森田健作知事=30日、県庁(永田岳彦撮影)

 千葉県議会の4月臨時会が30日開かれ、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく減少した中小企業などに最大30万円を支給するための費用などを盛り込んだ令和2年度第2次補正予算案が可決された。森田健作知事は閉会後に報道陣の取材に応じ、県の休業要請に応じる姿勢を見せていないパチンコ店が前日の9店舗から5店舗に減ったことを明らかにした。

 臨時会では幕張メッセを臨時医療施設として使うための条例案も可決された。

 臨時会後の取材で、森田知事は、休業要請に応じていないパチンコ店5店舗について「丁寧に理解を得られるように、引き続き協力を求めていく」と語った。5店舗には1日午前に改めて休業要請を行い、応じない場合は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき同日中に県ホームページなどで店名を公表する。

 6日に期限を迎える緊急事態宣言については「千葉県の状況を見れば、5月いっぱいまで延長した方がいいと思う」と指摘。県立学校の休校期間を5月末まで延長する方向で県教育委員会と協議していることも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ